FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
【LaQ】 サイカニア
1年振りの更新。毎度ながらお久しぶりでございます!

第3回LaQ×MOVE作品コンテストで再びLaQ特別賞を頂く事ができました♪
MOVE恐竜図鑑から鎧竜類「サイカニア」。
小粒で地味作品が信条の私、受賞自体が奇跡みたいなものなのです。ありがたや~!

アンキロサウルスの仲間なのですがモチーフにチョイスした理由は・・・
図鑑の説明文「鎧竜類の中で一番強力に武装」という中二心をくすぐるフレーズに惹かれたからなのでございますw

サイカニア01
サイカニア02
サイカニア03

ゴツゴツトゲトゲの鎧に、尾のハンマーで敵を粉砕!怪獣作ってる気分でノリノリに取り組みました!
その他の画像は・・・


ぐるりと一周してみる。
laQsai06.jpg
この写真を見て凄いデジャヴを感じでハッと気付く。
ポーズがトリケラと一緒じゃーん!
脚はほぼ流用したからなあw 
色々時間足りなくて実質10日で勢いに任せてかっとばし仕上げ!

laQsai01.jpg
このアングルだと横広がりな胴体でトリケラには見えないな。ヨシ大丈夫!w

ちなみに頭部はKen01さん作のワイバーンJr.を改造して作成しております。堅牢な頭部イメージにジャストフィットしてくれてもう感謝しか!作って良かったワイバーンJr.!

私は年に数回オリジナル作品をつくるかどうかの怠け者ユーザー。すぐ作成のカンが鈍ってしまいます。
そこで短期間にカンを取り戻すのに最適なのが他の方の作品を作って模倣する事。
浅川さんのLaQガイドブックやKen01さんの公開レシピから自分の作品に流用できそうなテクを数日かけて片っ端に作り吸収する。
作った作品から使えそうなパーツを抜き出し、改造。シルエット重視で雛型を作っていく。感覚的にはプラモのミキシングに近い感じかな。
微調整の足し算引き算をして理想の形に近付いてくる。パーツとパーツがピッタリ違和感なく理想の角度で収まった時の感動はLaQならではだと思います♪

laQsai02.jpg
正面から見た土台のクリスタル、結構気に入ってます。
岩石の中にキラリと少量含まれた結晶、みたいなのがとても好き。

laQsai03.jpg
laQsai04.jpg
laQsai05.jpg
尾は威嚇して振り上げてる感じ。本当は水平方向に可動域があるらしいのだけど、見栄え重視で斜め上に。
恐竜のポーズでいつも悩むのは脚と尻尾がどんなふうに動くのか、その可動範囲。
図鑑は基本立ちポーズで載っているから歩きや走りが想像しにくくてね。躍動的なポージングがどこまで許されるんだろうと、明確な答えのない問題だからずっと悩み続けるんだろうなあ。
その分色は自由に使えるから(一部の恐竜は体色が判明しているらしいけど)、色の少ないLaQで色に制限がかからないのは古生物モチーフの大きなメリットかな。



laQsai00.jpg
トリケラと同じような土台ですが地味にパワーアップ。赤丸のところに四肢を乗せ、脚の一本一本がジャストフィットするよう高さ調整できるように凹凸になっています。
そしてクリスタル再販でクリアブルーが補充できたので、平面的だった結晶が立体化しましたですよ!
あえて今年も言おう・・・・
クリアブルーだけ大量に欲しいのでクリスタルパーツのばら売りを何卒ー!(平伏


最後に裏コンセプトを一つ。それは・・・
laQsai00a.jpg
laQsai00b.jpg
ハマクロンホイール(中央の大きな円型パーツ)をコアにして作成する事。
ギミック派の達人ならばいくらあっても困らないホイールですが、私のような小型作品派には持て余しちゃうパーツ。しかも大型パックを買う度少量づつ確実に増えていくというw 使えんと思い込み敬遠してたんですが、ガイドブック「つくれる!LaQ④昆虫」のクモレシピを思い出しチャレンジしたら大成功でした。多脚型と平べったい胴体全般と相性抜群。作品の強度アップにも繋がる優れものパーツでございました♪

このハマクロンホイールをベースにもう一種作成したのでレシピはその時にでも。
それではまた半月後に!
[2017/10/31 11:32 ] | LaQ | コメント(5) | トラックバック(0)
<<【LaQ】 アンキロサウルス(前編) | ホーム | 【LaQ】 トリケラトプス(プロトタイプver)>>
コメント
いろいろスゲーぜ!!
まずはMOVE部門 LaQ特別賞の受賞おめでとうございます!!
きっかり一年後の更新にデジャヴュのような特別賞
完全にテテマリさんシートですねww

それにしても、マメにチェックしていたつもりでしたが、更新日付から三日も経って発見するとは、、、
おかげで?夜中にもかかわらず大興奮ですw
本体のサイカニアはもちろん、台座のカッコよさがハンパないっす。
ディスプレイするために考えつくされたアイデアが素晴らしい!!
そしてまさかのハマクロンホイール!!
こんな大技がぶっこまれていたなんて、おったまげすぎて大興奮ですよ!!
とりあえず、明日また見に来よ(明日も仕事です)ww
[2017/11/03 01:19]| URL | Ken01 #- [ 編集 ]
失礼します!
サイカニアも勿論凄いんですが、土台も凄い!!制作過程も興味深く読ませていただきました。センスがあるという一言では済ませられないですね、目の付け所やアンテナの感度が全然違う感じでしょうか。いろんな分野での創作活動で培われた能力なのでしょうか。羨ましい限りです!
もう一作品も楽しみにしています!!
[2017/11/03 01:42]| URL | 緒方先生 #- [ 編集 ]
◆ ken01さん >>
お祝いのお言葉ありがとうございます♪
狙ってた訳じゃないんですけど2年連続で同じ賞を頂けるとは思いませんで、本当ビックリしました。
来年もLaQ特別賞を狙えるよう、見かけは地味でも組み方だけは攻めの姿勢で頑張りますw

わーい、台座は主役を食わないよう地味にこだわったので、気に入って頂けて嬉しいです。地味バンザイ!
ハマクロンホイールも外観から使用がわからないよう腹部を同系色のグレーで組み、撮影でばれないようアングルにも気を配ってみました。
オッタマゲて頂けたのなら・・・計画通り!(←某ノートのキ○風でw)
ハマクロンホイールってポージングの際の脚接続にも融通が利きやすくて、色々試してみたくなる可能性を秘めてて、
今まで邪魔パーツ扱いしてごめんなさいと激しく後悔しましたw


◆ 緒方先生 >>
土台は主役をひきたてる脇役ポジションなのですが、それを気に入って頂けると作り手としてすごーく嬉しいです♪

緒方先生は初のダブル受賞で一気に殿堂入りコースですよね?!おめでとうございます!
しかも提出作品が毎回高品質の超大型作品ばかリ。
LaQへの情熱やこだわり、何より子供がワクワクする、遊びたくなるような作品作りはそうそう誰でも出来る事じゃなく
私などが遠く及ばないセンスをお持ちだと思います♪
これからLaQのイベント等で緒方先生の作品をみたり遊べたり出来たらいいなあと密かに願っておりまーす!
[2017/11/03 23:37]| URL | テテマリ #- [ 編集 ]
受賞おめでとうございます!!

体にハマクロンホイール入ってたんですね!
記事を読ませて頂いてスゲーッって
感動しました。

浅川さんやKen01さんの作品を
ガチャガチャポンですごい作品が作れるのも
すごい才能だと思いますよぉ~

3年連続を楽しみにしております!
[2017/11/03 23:52]| URL | Rain Bringer #- [ 編集 ]
◆ Rain Bringer さん>>

お祝いのお言葉ありがとうございます。
ハマクロンホイールはすっぽり内部に隠れるように仕込んでみましたので、ビックリして頂けたのなら嬉しい限りですw
また来年も地味に驚いて頂けるよう精進しなくちゃですね!お言葉励みに頑張りまっす♪
[2017/11/04 14:46]| URL | テテマリ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。